【宮崎産地直送】宮崎有田牛 手ごねハンバーグ150g×2個セット 有田牧畜産業 クール便(冷凍) 4549755040078

1,188円(税込)

購入数
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています。
●Familyセット(有田牛手ごねハンバーグ150g×2個+有田牛どて焼きホルモン200g×3袋(うま塩味×1、うま辛味×1、みそ味×1)) 有田牧畜産業 3,402円(税込)
●宮崎有田牛 どて焼きホルモン200g 3種セット(うま塩味×1、うま辛味×1、みそ味×1) 有田牧畜産業 2,313円(税込)
●【宮崎産地直送】宮崎有田牛 手ごねハンバーグ150g×5個セット 有田牧畜産業 2,808円(税込)
●【宮崎産地直送】どて焼きホルモン うま塩味 1袋(200g) 有田牧畜産業 771円(税込)
●【宮崎産地直送】どて焼きホルモン うま辛味 1袋(200g) 有田牧畜産業 771円(税込)
●【宮崎産地直送】どて焼きホルモン みぞ味 1袋(200g) 有田牧畜産業 771円(税込)

●マツコの知らない世界『劇的進化!インスタントハンバーグの世界』
2021年1月12日(火)20:57〜22:00 TBSテレビ放送にてご紹介頂きました★

【番組紹介内容一部抜粋】
●ハンバーグ王子・松島和之さんご紹介
松島さんが厳選した肉汁系ハンバーグは有田牧畜産業の「宮崎有田牛 手ごねハンバーグ」。
ソースが付いていなく、肉汁がソースの代わりになる。
松島さんは1日1ジャンル1バーグしか食べないというルールがあるという。
「宮崎有田牛 手ごねハンバーグ」は10種の穀物と4種の牧草だけで飼育された有田牛100%のハンバーグ。
試食したマツコさんはみずみずしいと感想を話した。ネットで注文可能。

●宮崎有田牛 手ごねハンバーグ150g×2個セット
有田牛をふんだんに使用した風味豊かなミンチ。
牛肉のどの部位を食してもおいしいと称賛された有田牛。
有田牛1頭分のうま味が、ハンバーグ1個に凝縮されています。
様々な味わいの部位をブレンドすることで、牛の旨味がしっかり味わえます。
つなぎはパン粉のみで、卵不使用です。

有田牛のうま味を味わって頂けるように、ハンバーグを作っております。
その為、ソースは付属しておりませんが、まずは焼きあがったそのままで召し上がってみてください。
肉汁のうま味がお口のなかで広がりそのままでも、美味しく召し上がって頂けます。
あとはお好みで塩や、ポン酢、わさびなどお召し上がり頂いても美味しいです。

手軽におうちでお店の味を楽しめるので、家のみ、家飲み、、宅飲み、お酒のあて、家呑み、晩酌、酒の肴、酒食、酒肴、酒の友、ひとり晩酌、おうち飲み、チャーム、つき出し、お通しつまみ、小皿、つまみ物、添え物、小鉢、おやつにお勧めです。
バーベキュー(BBQ/bbq)、ピクニック(外飲み/外呑み)、お花見、キャンプ飯の食材、グランピング、べランピング、お祭り、夏祭り、イベント、祭事、学園祭の用途にてお使いいただけます。
グランピングなどの外飲み、外呑み、焼肉、バーベキューでの食べ物としてもおすすめ。

雰囲気も楽しい食べ物ですので、登山やキャンプなどの、行動食、山ごはん、お花見、ピクニック、女子会、飲み会におすすめの食べ物です。
フライパンで手軽、簡単に食べられるので、時短メニューのおかずやたまの手抜きとして、また小分けの個包装のため一人暮らしのお子様や単身赴任中、長距離トラックのお父さんへの仕送りとしても喜ばれています。

お正月や年末年始時の帰省された親戚などの集まりのときに、おせち以外のおもてなし、ふるまい、大皿料理に。
年越し、ちょっぴり贅沢な自分へのご褒美、クリスマスのディナーやクリスマス ディナー セットとして、ホームパーティー、お祝い事での、パーティー料理、末年始、正月やクリスマス、年越しのパーティなどでのオードブルセット、正月料理のおもてなし、(振る舞い)ふるまい、お年賀、ご飯のおかず、手土産、ハレの日、寄り合い宴会料理、お誕生日会、女子会、主婦会、集い、イタリアン女子会、フレンチ女子会、サークル、打ち上げ、忘年会、新年会、飲み会、慰労会、歓迎会、などでご利用いただけます。
ビール、ワイン、焼酎、日本酒、熱燗とも相性がいいためホームパーティーや夜食、飲酒のおともにも。

御中元、残暑見舞い、お歳暮、帰省暮、ギフトにもオススメです。
冷凍保存ですので、急なお客様のもてなしにもどうぞ。
簡単調理で、冷凍で長期保存が可能なため、常にストックしておいて、急な来客のもてなしとしておすすめです。

<肉汁たっぷり極上ハンバーグになる美味しい焼き方>
.魯鵐弌璽阿魏鯏爐靴討ださい。
(冷蔵庫へ移して半日ほど置くのが良いですが、時間がない時はレンジの解凍機能を使って表面が柔らかくなるまで解凍して下さい。)

熱したフライパンにハンバーグを入れ、表面に焦げ目がつくまで焼きます。
片面も同じように焦げ目をつけて下さい。

6未佑を1cm位の輪切りにし、それをフライパンへ入れます。
その上に、先ほど焦げ目をつけたハンバーグをのせます。

ぅ侫薀ぅ僖鵑猟譴ら2〜3mm位のところまで水を入れ、ふたをし弱火で3〜5分ほど蒸し焼きにすると出来上がりです。

ゲ爾砲劼い振未佑に牛肉の旨味がしみこんでいますので、ハンバーグと一緒にお召し上がりください。
1つ1つ個別パック包装でお届けしますので、ご家族の人数に合わせて好きな時に好きなだけ調理していただけます。

形成したてのハンバーグを即包装することで商品の劣化を防ぎ、作りたての美味しさを皆さまにお届けすることが出来ます。

【内容量】
1個:150g(真空パック)×2個セット

【原材料】
牛肉(国産)、玉葱、パン粉、ニンニク、醤油、砂糖、みりん、リンゴ、バナナ、落花生、生姜、ごま、香辛料、食塩、塩麹、トマトケチャップ(トマト・ぶどう糖果糖液糖・醸造酢・玉葱・食塩・香辛料)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(甘草)
(一部に小麦・落花生・牛肉・ごま・大豆・りんご・バナナを含む)  

【本商品に含まれるアレルギー物質】
(特定原材料等27品目中)小麦粉、落花生、牛肉、ごま、大豆、りんご、バナナ

【保存方法】
要冷凍−(マイナス)18℃以下。到着後すぐ冷凍庫にて保管をお願いします。

【賞味期限】
製造日より365日間
開封後は、早めにお召し上がりください。

※解凍後はなるべく早くお召し上がりください。
※本品製造所では乳を含む製品を生産しています。
※生ハンバーグですので、十分に加熱してお召し上がりください。

【配送温度帯】
冷凍(クール便)

【メーカー出荷元】
有田牧畜産業
宮崎県西都市大字茶臼原1003番地

【産地直送商品注意事項】
※他商品との同梱は不可となります。
※商品のご用意が出来次第、順次配送となります。(1〜2週間ほど頂戴しております。) ※在庫状況により多少前後する場合がございます。
※産地直送商品の日時指定は承っておりません。
※産地直送商品の為、通常の商品よりかはお届けまでにお時間がかかる場合もございますので、予めご了承ください。
※産地直送商品の代金引換でのお支払いは承っておりません。
※不良品以外の返品・交換は一切お受けしておりませんので予めご了承下さい。
※ご注文確定後のキャンセルも一切お受けしておりませんので予めご了承下さい。
※産地直送商品の為、値段の記入がない納品書をお付けしておりますが、値段の記入がある納品書を同封ご希望の方は備考欄にご記入ください。
※クール便(冷凍)での配送となります。




〜 有田牛 STORY 〜
肉好きにはたまらない肉感たっぷりの有田牛の手ごねハンバーグ
有田牛100%の粗挽きミンチにゴロっと入った玉ねぎの食感が食べ応え抜群の有田牛の手ごねハンバーグは、卵を使わずパン粉のみでつないでいます。
焼くと肉汁がジュワッと溢れ、肉の旨味を感じることができます。



牛飼い一筋60年
(有)有田牧畜産業は宮崎県西都市茶臼原(ちゃうすばる)で牛飼い一筋60年。
黒毛和牛ブランド「有田牛」は肉好きには密かに知られている宮崎県を代表するブランド牛で、地元ではEMO(エモ―)牛として知られています。
EMO牛とは、「大地に農薬はゼロを目指す (Earth Medicin 0)」の頭文字をとって名付けられました。
EMO牛の定義:宮崎県生まれ・宮崎県育ちを基本とし、出荷前の1年間薬を使っていない牛。※薬は4ヶ月で牛の体内から消えるため

餌・水にこだわるのは過去の失敗から
初代の有田哲雄さんの時代に、通常の農家と同じように牛の体調管理のために抗生物質を使用していました。
そんなある日、取引先から「肉がまずくなった」と言われ衝撃を受けた哲雄さんは、それから「薬を一切使わずに牛を育てる」と決めました。
抗生物質を使わないことで牛の体調管理が難しくなり、半数近くの牛が死んでしまいました。
苦しい状況を前にスタッフから「もうやめましょう」と何度となく言われましたが頑固者の哲雄さんは聞かず、「牛を健康にする方法」を模索し続けました。
それから数年かけて確立した肥育方法で育てられたのが「EMO牛」です。


餌はトウモロコシや麦など厳選した10種類の穀物と、無農薬自家栽培の4種の牧草を自家配合した飼料のみ与えています。
その飼料も農水大臣認定の飼料製造管理者の資格をとって2代目の有田米増さんが自ら「自家配合」を行っています。


水は赤身の旨味を左右するほどとても重要なため、100メートルも掘って近隣の尾鈴山の地下水を与えています。




スタッフと地域への恩返し
宮崎県で2010年に発生した口蹄疫では、当時肥育していた3,213頭全ての牛が殺処分されました。
当時、(有)有田牧畜産業にはスタッフが30人ほどいましたが、全員が辞めることなく残ってくれ牛がいない間は、みんなで200頭ほどが入れる牛舎を作るなど協力してくれました。
「スタッフの協力、地域の励ましがあったから今がある」と、2代目有田米増さんは言います。
感謝と恩返しの気持ちを胸に、発生から5年後には肥育数を7,000頭まで増やすことができました。


牛飼いの想いは「健康な牛を食べて健康になってほしい」
安心で安全な牛肉との思いから、生産から加工まで一貫して行っています。
「ISO22000,2005」認証取得の加工センターで食品衛生安全マネジメントシステムに基づき、生産・加工・販売を正直に行い、どこを食べても美味しい肉づくりを目指しています。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。